Technics SE-9060の改修

某月某日 古いパワーアンプSE-9060の再改修に着手する。



保護回路から作ることにした。



元のアンプに使われていたパワートランジスタ



この代わりに日立のMOSーFETを使い、LoーDスーパーリニアサーキット、Λコン搭載のアンプを製作する。


某月某日

作業を進めた。今回の保護回路は左右独立電源に対応するため少々工夫が要る。



部品を載せたところ。この後の基板配線は楽しみの一つである。




一部の部品は調達中なので今のところこんな感じである。VHコネクタ、金属板抵抗、100V耐圧の電解コンデンサー、配線材などが
足りない。やはりアンプ基板は左右対称にした。





今回使う日立のMOSーFET



基板に載った太陽通信のΛコン。銅箔、銅リードのフィルムコンである。昔秋葉原で4個買えた時のものである。



昨年は不思議な年で、K135の上位互換の石やTHF-51Sなどがネットで購入できた。今年はそれらを使ってアンプ
をいくつか作ってみる。





この辺まで進んだ。

 


  電源部  SE-9060の電源部にHMA-9500IIのレギュレーターを組み込む。動作を調べてみた。




  手持ちの部品に合わせて定数を変更した。





  電解コンデンサーが大きかったのでこのようになった。メインの整流ダイオードは基板の裏側に取り付けることになる。


整流のみ



レギュレーター出力



うまく動作しているようだ。


  アンプ基板  

  予備実験的に電源とバイアスを簡略化した回路を試してみる。









  オールFETにした。








  無帰還アンプ






















 Lo−Dのスーパーリニアサーキットの動作を示す。HMA-9500IIにモジュールとして組み込まれているものである。





終段のノンスイッチングの動作が確認できる。予備実験がうまくいけば組み込むこととする。